プランナー・スタッフ紹介

結婚式に慣れている新郎新婦なんていないから、お二人のお気持ちにとことん寄添っていきたい。

結婚式をお手伝いする上でいつも一番大切にしていることがあります。
それは「ウェディングプランナー」と「お客様」という垣根を越えてお二人のお気持ちにとことん寄り添うことです。
本当の自分の「家族」や「友人」のように、プランナーがお二人のことを考え、お気持ちに寄り添うことで、「もっとこういう提案をしてさしあげたい!」「もっと深くお二人を知りたい!」と思うようになると、お客様もそれに答えて下さいます。
その結果、もっと良い結婚式が作れるようになるのです。主役であるお二人と共に過ごす時間が長いプランナーが一番のお二人の良き理解者とし寄添っていきたいと思っています。

北島 瑛里奈

結婚式で大事にしている事や、大切にしている思いはありますか?

私は、結婚式をお手伝いする上で、いつも一番大切にしていることがあります。
それは、「ウェディングプランナー」と「お客様」という垣根を越えて、お二人のお気持ちにとことん寄り添うことです。
また、それ以上に、お二人を支えてきたご家族様、そしてご友人様、会社のお仲間の方々等、背景にあるたくさんの思いをいかに汲み取り、パーティーの中で活かせていけるか…
これも大切にしております。

結婚式は、誰もが知っている進行に沿って作成をしていけば、出来上がってしまうものでもあります。新郎新婦様との関係性を深めなくても、型にはめていけば、披露宴は出来上がってしまうのです。

私は、結婚式はそういった「虫食い算のような進行をただ埋めるだけの『作業』として作り上げたくはない」と思っています。
自分の「家族」や「友人」のようにお二人のことを考え、お気持ちに寄り添うことで、
「もっとこういう提案をしたい!」「もっと深くお二人を知りたい!」と思うと、お客様もそれに答えて下さい、もっと良い結婚式が作れるようになるのです。

結婚式は、プランナー1人の力では何も作れません。
沢山のセクションのスタッフ(シェフ、キャプテン、ヘアメイク、ドレス、カメラマン、ビデオカメラマン、音響・照明、司会者…等)の力が一つになり、初めて出来上がるものです。
主役であるお二人と共に過ごす時間が長いプランナーが一番のお二人の理解者となること。
そして、いかにお二人の想いを汲み取り、それを現実化するために、各セクションのスタッフへ伝えていくこと。
これが大切なことだと考えています。

『結婚式に慣れている新郎新婦なんていないから』
こんなキャッチフレーズのCMが、最近では多く見られますが、初めてでわからないことだらけだからこそ、頼って頂き、「プランナー」と「お客様」という垣根を越えて信頼をして頂けるウェディングプランナーであり続けるために、今後も日々努力をしていきたいと
思っています。

心に残った結婚式

あれは、結婚式の1ヶ月前でした。
会場内に、初老のスーツ姿の男性が怒鳴りこんできたことがありました。
『結婚式場を見学させろ!』
訳も分からず、その方のお話を聞くと、1ヶ月後に挙式予定のご新郎様のお父様だとのこと。
お仕事を自分で経営されており、仕事が忙しく、ご子息様が結婚をすることも最近まで知らされていなかったとのことでした。

『息子は、私のことをあまり良く思っていなくてね…
だから話をしてくれなかったのかな…』

ご家族様の中で、自分だけ結婚式のことを知らなかったというショックと、それもご新郎本人の口から聞いたわけではないという寂しさから、お帰り際のお父様の背中がとても寂しそうに見えました。

お父様をお見送りしたエレベーターの前で最後に一言、私はお父様にこんな言葉をかけました。

『もし、よかったら、お父様が今までご新郎様に言えなかった想いを
結婚式のどこかの場面でぜひ伝えてみてください。そのための時間なら、
いくらでも進行の中に組み込みますから』

今でも印象に残っています。
むすっとした顔で『あぁ…』とお辞儀をして帰られたお父様。
そこからお父様からの連絡はありませんでした。

それから、当日。
パーティーは順調に進み、打ち合わせ時は笑顔一つ見せなかったご新郎が、
大勢のお仲間の方に囲まれながら、思いっきり楽しんでいる姿がありました。

そして、最後…
両家謝辞のご挨拶の時、
なんと、ご新郎様のお父様が号泣。そして、言葉を選びなからもゆっくりとこのような
お話をしてくださいました。

『いままで仕事仕事で、なにひとつ家庭をかえりみることができませんでした。
息子の運動会も、学芸会も行ったこともなかったし、今回の結婚式も、最近まで知りませんでした。息子のことを何一つ知らなかった自分でしたが、
今日、こんなにも多くの方々に囲まれている息子の姿を見て、改めて、父親として
何もできなかった自分を恥じています。
同時に、こんなにも立派に息子を育ててくださった妻、そして、皆様方に本当に心から感謝をしたいと思います。
今日は、本当にありがとうございました!』

あんなに、勢いよく『会場を見せろ!』と飛びこんできたお父様の姿からは想像できないような、思いっきり男泣きをしているお父様の姿がとても印象的でした。

そして、最後のご新郎様からの一言。
『昨日までの僕は父が大嫌いでした。仕事ばかりで、自分は大切にされていないのだと
思っていました。
でも、今の父の話を聞き、今はまったく違います。
あんなに親父が一生懸命に仕事をしていたのは、僕たち家族を支えるためだったんだと
父の愛を感じます。
親父のような、家族を支えられる立派な男に自分もなれるよう、これからがんばっていきます。これからも皆様どうぞよろしくお願いいたします。』

ご新郎様も泣きながらの謝辞でした。

最後、お父様と強く抱き合い、退場。

今思い出しても涙が出てしまうエピソードです。

最後の帰り際、会場全体スタッフに向けて、ご新郎様より
「皆様がいてくれたおかげで、今日父と、初めての想い出が出来た気がします!
本当に本当にありがとうございました!」と、深く頭を下げてくださった姿に、
本当に素敵な仕事をさせて頂いているんだなと思いました。

今でも、自分が初心に帰りたいと思った時には、このエピソードを思い出しています。

新郎新婦やゲスト様から頂いた印象的な言葉

本当にありがたいことに、数え切れないほど、感謝のお言葉を頂きました。

「今日で、結婚式は終わってしまったけれども、まだ私達と北島さんとの想い出は
これかも続いていきます。結婚式が終わってもずっと私達のプランナーさんでいてください。」(2012年2月挙式H様ご夫婦)

「プランナーさんとの相性は本当に大事だと思い、結婚式場をたくさん見学してきました。
プランナーさんですべてが決まるとも考えていました。
どこもかしこも、ビジネス的な会話でしか関係性が築けなかったプランナーさんが多い中、
北島さんはまったく違いました。この方に出逢えた時点で、もうこの会場で結婚式をすると決めていました。出逢っていただき本当にありがとうございました。」
(2014年7月挙式M様ご夫婦)

「なんにもわからなかった私たちと、いつも一緒に考え、一緒に笑い、一緒に泣いてくれました。あなたがいなかったら、私達の結婚式は実現しませんでした。
本当にありがとうございました」(2013年9月挙式M様ご夫婦)

このようなお言葉をいただけたことが、今の私の励みになっています。

新郎新婦様へのメッセージ

結婚式は、どんな会場を選ばれても、素敵な式はできるものです。
ただ、大切なのは、ご新郎様ご新婦様の想いを「自分事のように」また
「自分の大切な友人ごと」のようにとらえられるスタッフが
その会場に何人いるのか、これが肝になってくると思います。
どんなに素敵な設備が整っていても、スタッフがお客様に無関心では
良い結婚式はできません。

ぜひ、ザ ランドマークスクエアトーキョーのスタッフに会いにきてください。
きっと、どのスタッフも「お客様」と「スタッフ」という立場以上に
お二人と話をしたいと思っているスタッフばかりですから。

お二人とお会いできますことを心より楽しみにしております。

BRIDAL FAIR
ブライダルフェア

会場のスタッフがご案内・ご相談を承ります。お二人の会場選びにお役立てください。

一覧を見る

PAGETOP

\会場のことが少しでも気になったら♪/ブライダルフェア一覧へ \お急ぎの方は/お電話での予約